ネットワークビジネスの成功者。権利収入と労働収入のはなし。

ネットワークビジネスで成功している人を目の当たりにした方や、実際に成功している方々もいらっしゃいます。では収入っていったいいくらなのか?今回はネットワークビジネスの成功者と収入に焦点を当ててみたいと思います。

ネットワークビジネス

スポンサーリンク

成功者の収入は?

ネットワークビジネスで成功している方の月収は1億5千万ともいわれていますが、年収にしたらいくらになるのか。

単純に考えても、一生遊んで暮らせるだけの額になりますよね。

同じくらいの年収の方でいうと、メジャーリーガーや全盛期のイチローなんかもそうですし、マイケル・ジョーダンなどのプロバスケットプレイヤーや、タイガーウッズなどのプロゴルファーもそうです。

みんな、その世界で人には真似できない技術を持っている方ばかりです。

簡単に真似したくてもできないのが現状です。

努力をしたからといって、必ずしも同じ土俵に立てるわけではありません。

しかし、ネットワークビジネスは一般の方にもチャンスがあるのは事実です。

ネットワークビジネスは、大手企業も副業として認めているところもあります。

就職率が上がっても、まだまだフリーターやニートが多いのも現実で、景気がいいのは一部の富裕層だけ。

サラリーマンの平均年収は、男性が521万円、女性が280万円(平成28年)

年収1千万を超えるサラリーマンは、全体に2~3%にしかいません。

それに比べて、ネットワークブジネスで年収1千万円を超えている人は、全体5%ほどいるといわれているのです。

一概にどちらがいいとは言えませんが……。

スポンサーリンク

権利収入と労働収入

年収1千万円のサラリーマンになるには、やはり大手と呼ばれる企業で、それなりの役職に就かなければなりません。

若くして抜擢されるかもしれませんが、それ相当のプレッシャーもあります。

しかし、ネットワークビジネスなら年齢は関係ありませんし、自分が信じたものを伝えていくだけです。

但し、スタート時は結果が伴わないと無収入なので、副業からスタートする方が多く、本業の収入を超えた辺りで、ネットワークビジネスに専念するという方もいるのです。

「労働収入」「権利収入」

年収1千万円のサラリーマンであれ、会社務めをしている方であれば働いた分を月収で受け取る「労働収入」を受け取ります。

元気な時はいいですが、病気やケガで仕事ができなくなったら、そこで収入がストップしてしまいますよね。

かたや、年収1千万円の収入を得ているネットワーカーであれば、その収入は自分から始まるネットワークの口コミによる物流があり、その売り上げの一部がコミッションとして支払われます。

仮に病気やケガで働けなくても、物流が止まらない限り収入になる、これが「権利収入」というものなのです。

年収1千万円とは言わずとも、今の収入以外につき5万円があったら……。

本業以外に、夜勤や休日バイトをすれば手に入れられる額ですが、ネットワークビジネスはいい商材を薦めて収入を得られるというのが魅力のひとつ。

また、働くということはとても大事なことですが、毎日毎日体を使って働き通しでは自由な時間も少なくなります。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスは誰でもチャンスを掴める!

電力

ネットワークビジネスで成功すれば、収入はもちろん自由な時間も手に入れることができます。

だからといって、すべての人が成功者となれる保証はありません。

それにはもちろん戦略も必要。

ただ、初めてチャレンジする方は、在庫を抱えるビジネスはお勧めしません。

MLM関連。Amwayビジネスってどうなの?
ダイレクトセリングNo1業界に君臨するAmway。私が以前アムウェイビジネスに携わっていた時の話です。今回はAmwayビジネスに関する情報やメリット、デメリットなど様々なことを自身の体験談を基に伝えたいと思います。

こちらでもお話しましたが、在庫返品保障があるものならいいのですが、毎月オートシップで商品が届く仕組みとなっているものもあり、売らなければ在庫ばかりが残ってしまいます。

それだけでもプレッシャーになったり、ストレスになったりしますよね。

今は、在庫を抱える時代ではなく”紹介した人もされた人も得をする”ビジネスがお勧めです。

そこで、私が今イチオシなのがアンビットエナジービジネスです。

【MLM関連】アンビットエナジーでビジネスチャンスを掴め!
一般の電力自由化に伴い、様々な企業がこぞって電力を扱うようになってきました。日本だけではなく、海外の企業も参入してきましたが、今回はアメリカを本社に置くアンビット社と、そのビジネス商材についての話しです。

紹介した人はもちろん、紹介された人も得をするという電力ビジネスです。

電気を使わない人ってほとんどいませんよね。(エコ生活で使ってない方もいますが)

無いと困るものではありますが、できるだけ抑えたいエネルギー源です。

電力なので、当然商品説明は不要だし、お得になる話なのでビジネス的にもお勧めです。

詳細が知りたい方は、遠慮なくお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました