スポンサーリンク

給湯器が壊れたかも!? 故障前の前兆と給湯器を選ぶ目安とは?

給湯器を使っていて、いきなりお湯が出なくなったり、設定した温度よりぬるく感じたことはありませんか?

普段、当たり前に使っているものだし、あまり気にしない物でもあるので、壊れちゃったのか修理しなくちゃいけないのか分からないことも多いですよね。

今回は給湯器の修理や交換などについてお話します。

給湯器リフォーム

スポンサーリンク

ガス器具の交換注文は意外と多い

ガスの切り替え時に、ガス器具の交換注文って意外と多いってご存知ですか?特に冬の時期は、「お湯の出が悪い」とか「お湯が出ない」など、寒い時に給湯器の不具合が生じることが多いのです。

だからといって、お客さんの方は何が原因かわかりませんし、修理や交換してもらうと高くつくかも……と不安になりますよね。

確かに給湯器自体は安価なものではありませんし、賃貸に住んでいる方は、管理会社や大家さんが交換してくれるので安心ですが、自前の物だと出費が負担になることもあります。しかし、絶対に壊れないものではないので、あらかじめ故障の前兆サインも知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

給湯器に異変!その前兆サインとは?

給湯器の故障前の前兆サインとしては、一般的に以下の症状が上げられます。

 

・お湯の出が悪い

・設定温度が高めなのにお湯がぬるい

・自動湯はりができない等

 

使用年数にもよりますが、設置から10年ほどでこのような症状が出たら、そろそろ交換時期かもしれないと思っていた方がいいでしょう。

場合によっては、15年や20年以上問題なく使えているお宅もありますが、永遠に使えるわけではないので、「急に使えなくなった」なんてことにならないよう、時々ガス会社にチェックしてもらった方がいいでしょう。

では、給湯器の寿命で完全に壊れてしまった場合は、どのようにしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

給湯器の交換方法

給湯器選び

給湯器を交換する場合、現在設置している物と同等の物がお勧めです。給湯器の種類は、リンナイやノーリツなど、メーカーも様々で壁掛けタイプや設置タイプ、往来型かエコジョーズかもあります。

また、それぞれの給湯器には号数もあって、一般的には16号、20号、24号の3種類。現状使っている湯量に問題がなければ、同じ号数での交換でいいと思います。

もう少し湯量を増やしたいという方は、16号から20号、20号から24号へ変更することもできます。ちなみに1分間の湯量は16号は16L、20号は20L、24号は24Lです。

また、追い炊き機能つきの給湯器には、オートタイプとフルオートタイプがあって、オートタイプは湯はリ、追い炊き、保温が自動

フルオートタイプは、オートタイプの機能に加えたし湯や配管の自動洗浄機能がついています。

エコジョーズって何?

エコジョーズとは、今までの往来型の給湯器とは違い、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす給湯器のこと。

価格は少々高くなりますが、メーカー試算では往来型よりも10~15%ほどガスの消費量を抑えることができるのでガス代の節約にもつながります。

ちょっと高めでも、毎月のガス代を節約できるので、長い目で見るとお得ですね。

スポンサーリンク

給湯器はどこで頼めばいいの?

ガスの営業経験がある自分としては、当社のガスに切り替えてくれたお客様には格安で提供していました。

同メーカー、同タイプでも価格は様々。

今までガス器具は、ガス屋さんにお願いするのが当たり前でしたが、近ごろはハウスメーカーやリフォーム業者、ホームセンターなどでも取り扱っています。

本体価格はもちろん安い方がいいですが、交換時には設置工事代金や処分代金など(2~3万ほど)が別途かかることがあるのも忘れてはいけません。

メーカー保証は3年ほどですが、別途追加料金を支払うことで、10年メンテナンスフリーというところもあります。

新しく交換してからまた、10年くらい使うものですから業者選びも慎重にした方がいいでしょう。なお、給湯器の調子が悪い時にタイミングよくガス切り替えの営業マンが来た場合、ガス会社を切り替える条件つきで、格安で提供してくれるところもあるので、一度聞いてみるといいですよ。

ガスの中身はどこも同じです。単価が安くなる上に、給湯器も格安で交換してもらえるならラッキーですから。(その場合、契約内容を確認することも忘れずに)

タイトルとURLをコピーしました