スポンサーリンク

意外と高収入な派遣バイト【体験からのアドバイス】

少しでも収入を得たいと、派遣会社に登録する方も多いでしょう。私は現在の会社を立ち上げるまで、色々な業種の裏側も覗けるのも勉強になると思ったので、実際に派遣バイトを経験しました。体験した仕事は、過酷なものや楽な作業など様々でしたが、その中でほんの一部の裏側を紹介しつつ、意外と高収入だった派遣バイトを紹介していきます。

派遣バイト

スポンサーリンク

意外と高収入だった派遣バイト

コンビニ弁当の惣菜製造

日払いということもあり、最大手のコンビニに納品する弁当の惣菜を作るバイトを体験。

揚げ物や焼き物、煮物など、種類によってブースが違っていました。

私がいた場所は、主に焼き物や揚げ物を中心に製造していましたが、時期が夏ということもあって、かなり過酷な環境下での作業でしたね。

作業に入るときは用意された作業着に着替え、作業場に入る前には「殺菌をきちんと行ったか」「手洗いが出来ているか」など2度チェックが入るなど、衛生面はしっかりと確保されています。

出来上がってきた惣菜がラインで流れてくるので、決められた数を平たいバットに100個単位で分けていきます。

それでもフライヤーの前は尋常じゃないくらい暑くて、体中の水分が無くなってしまうんじゃないかというほどの汗。

はいていた長靴を逆さにすると、バケツをひっくり返したような汗が溜まっていました。

作業に来ている中には、外国人の姿も多くみられました。

キツイけど「日払い」や「高額」というのも重なってか、人気のバイトのひとつとなっているようです。

時給は当時で1000円で、6時間ほど働いて6000円を受け取りました。

また、時期によっては時給がアップすることもあるようですね。

水分補給は必須で、デメリットとしては暑いということと体に匂いがついてしまうことくらい。

仕分け作業の派遣

このバイトは、2種類体験しました。

ひとつは野菜の仕分けで、もうひとつは生活雑貨用品全般を扱う大手会社の仕事。

野菜の仕分け作業は、夕方から夜中までの作業で、倉庫に運ばれてくる野菜や果物など、各店舗の必要数に応じて分類していくというもの。

時間内に仕分けするのはもちろん、なによりも正確さが求められるものでした。

1個でも間違えばやり直ししなければならないし、何度も来ている人は手馴れたものです。

誰が仕分けしたのかわかってしまうので、間違えたまま詰めてしまうと、あとで大目玉を食らいます(笑)

作業していた年齢層も幅広く、報酬は翌日振込み。

すぐに現金が欲しい方には「惣菜バイト」と「仕分けバイト」は結構お薦めです。

生活雑貨の仕分けは2勤務制で、日勤か夜勤を選ぶ事ができます。

日勤は9時~18時で、夜勤は12時から翌朝8時くらいで、休憩は3回ありました。

社員の補佐的な感じでの仕事で、思い組み立て家具などは数人で行うので苦ではありません。

社員の中には威張って怒鳴り散らす人もいましたが、それさえ我慢すればなかなかいい仕事でした。

日勤は時給1200円、深夜夜勤は1.25倍と高額で働いた翌週にまとめて振り込まれます。

汚れないし、匂わないし、時給も高いので人気のバイトでした。

ガソリンスタンドの夜勤

私がいたガソスタでは、通常のバイトと同じように週に何曜日と決まっていました。

決まった曜日で決まった時間働くものでしたが、お客さんと直接顔を合わすわけではなく、事務所内での仕事。

私は危険物乙免許を所持しているので、燃料に携わることができますが、ここでは派遣は事務所作業と決まっていたようでした。

セルフは、お客さんがお金を入れて数量や金額を指定して給油しますが、給油までに数秒間のタイムラグがありますよね?

すぐに給油開始となる場合がほとんどですが、数秒間待つ場合もあります。

どこのセルフでも同じですが、あれは事務所内で給油許可ボタンを押さないとお客さんは給油できない仕組みになっているのです。

私は、監視ブースでチェックしながら、ボタンを押す役割を担っていました。

夜中はそんなに忙しいわけではないので睡魔との格闘(笑)

そうなった時は、事務所内を掃除したり備品のチェックや陳列をしていました。

報酬や支払い方法はそれぞれ違いますが、私の勤めていたところは週払いでの振込み。

派遣だけに関したことではありませんが、まずは何事も自分のスタイルに合わせた内容かどうかを調べ、きちんと把握してから契約した方がいいですね。

タイトルとURLをコピーしました