【都市ガス自由化】それって本当にお得ですか?

2017年4月より、都市ガス自由化となりガス会社を自由に選べる時代になりました。テレビCMでもよく放送されていて認知度も高くなりましたが、まだわからないことが多いという方もいますので、今回は都市ガス自由化についてお伝えします。

都市ガス自由化

スポンサーリンク

都市ガス自由化って何?

都市ガスが自由化になる前は、東京ガスや大阪ガスなど、それぞれの地域に合ったガス会社約200社が独占していました。ちなみに、すでに自由化されているLPガス販売業者は全国で2万社に上ります。

都市ガスでは導管を利用して、各家庭にガスが運ばれる仕組みとなっており、自由化後も、配送システムはこれまで通りで保安体制も同じです。

自由化されたことで、新規参入したガス会社が、この導管の使用権利を獲得し、ガスを販売することができるようになりました。

お客様側となる消費者は、料金やサービスを比較・検討してガス会社を変更できるようになった、これが都市ガス自由化というものです。

スポンサーリンク

都市ガス自由化でのメリットは?

都市ガス

都市ガスが自由化になったことで消費者側がガス会社を自由に選べるメリットとなったわけで、変更に工事代金がかかることも無いのはメリットのひとつと言えます。

ガス会社を変更するといっても、簡単に言ってしまえば契約先や料金の支払先が変わるだけです。ただ、使用量によっては安くならない場合もあるので注意が必要です。

最近では、テレビCMでも放送されていて、認知度も上がっていますが、2016年には電力も自由化されていて、大手ガス会社などは特に”電気とガスのセット販売”に力を入れています。

東京ガスや東京電力のCMを見ない日はほとんどありません。ただ、それを真に受けて言われるままセット販売を契約すると痛い目を見ることもあるのです。

それって本当にお得な契約ですか?

スポンサーリンク

集合住宅に住んでいる方も変えられる?

賃貸アパートやマンションにお住いの方は、変えられないと諦めるケースが多いのですが、LPガスの場合は、大家さんが設備投資させたガス会社と取り決めをしていることが多く、変更できない場合がありますが、都市ガスに関してはそういった縛りはないので変更することができます。

【電力自由化】電力供給ってどうなってるの?切り替えでの注意は?
2016年に電力が自由化されましたが、そもそもは1999年に電気事業法が改正され、2000年3月から大口需要家(特別高圧)から始まり、2016年4月に事務所や一般家庭向けの低圧電力が自由化になりました。今さらだけど今さらじゃない!今回は、電力供給についてのお話です。

各家庭で変更できるメリットを生かして、一度検討してみるのもいいですね。集合住宅だから、賃貸だからと諦めて安くなるを逃すのは勿体ないです。ただ、先ほどもお伝えしたように、本当にお得な契約なのかは見極めなくてはなりません。

ひとつのガス会社の提案を見るのではなく、他のガス会社と比較してみるのもひとつの手です。使えば使うほど損するという場合もありますし、初回半額という一見お得なセールスで切り替えて、実は高くなったという方もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は都市ガス自由化について簡単に説明しました。ガス会社変更はすべて無料で品質も保守保安も変わりません。今まで通り、カード払いでポイントも貯めることもできるガス会社もあります。変更する人が増えれば、ガス会社の競争によりもっとサービス向上に繋がるはずなので、”まだ”の方は一度検討してみては?

タイトルとURLをコピーしました